単純承認について

単純承認とは被相続人の財産も負債もすべて相続をすることを意味しています。それですべてを相続した場合、負債が多ければ負債をすべて完済しなければなりません。それで財産より負債が多いと思ったら相続放棄をしなければならなくて、どちらかわからない時は限定承認にすべきです。

譜面01

 

これらの決まり方は被相続人の相続財産を相続することを知ってから3ヶ月以内に家庭裁判所にどれにするかを報告しなければならないです。報告しなければ自動的に単純承認になってしまいます。そして方法が決まる前に相続財産の全部や一部を処分すれば、これも単純承認になります。

 

 

被相続人に負債が有れば堅実に限定承認を選べば、確実に債務超過にはなりません。ただ財産処分の手間が有るからその分だけ相続放棄の方が有利になるかもしれません。とりあえず3カ月の猶予が有りますから、それまでに財産と債務の合計額を出して、財産の方が多ければ、そのままにしておいて自動的に単純承認になればいいです。

 

 

逆に債務の方が多ければ、家庭裁判所に相続放棄を報告するだけです。ただ財産の方が多くても処分していけば負債の方が多くなる場合が有るので、その場合も相続放棄にして財産を引き受けない方が得になります。

コメントは受け付けていません。