相続人について

法定相続人とは資産を持っている被相続人が亡くなった際、相続を受ける権利が法律的に認められている人のことです。 フルート
法定相続人については日本国において、民法に定められています。
亡くなった方の配偶者、夫が亡くなった場合は妻、妻が亡くなった場合は夫が法律的に相続を受ける権利があります。
婚姻関係がない場合の愛人や内縁の妻に関しては、相続を受ける権利を有していません。
亡くなった方の子どもや養子、胎児、孫やひ孫、愛人や内縁の妻との間にもうけられた子どもについては直系卑属といって、民法上で相続を受ける権利が認められていますし、相続を受ける人が何人いた場合でも問題ありません。
養子に関しては相続税法上において、亡くなった方に子どもがいるときは法定相続人としては1人のみが認められる形となり、子どもがいないときは養子は2人まで認められます。
ですので、相続税法においては養子は1人または2人までの税金の控除を受けることが可能となります。
資産を持っている人が亡くなったときに直系卑属が1人もいなかったときは、その方の父や母が相続を受けることができます。
父も母もいないときは、祖父母が相続を受けられます。これらの人たちのことを、直系尊属と呼びます。
直系卑属も直系尊属もいない場合には、兄弟姉妹やその子どもに相続を受ける権利があります。

コメントは受け付けていません。