遺産分割協議にもメリットとデメリットがある

遺産分割協議とは遺産相続人達が被相続人の遺産の分割を協議することを言います。この時被相続人の遺言状が有れば、遺言状に書かれた通りの遺産分割を行い、そして遺言に記されていなかった遺産に関しては、遺産相続人達の分割協議で遺産分割をします。そして遺言状が無ければ遺産相続人達が全ての遺産を分割協議で分け合います。pet01_l

 

 

この遺産分割協議は、話し合いによる遺産分割でして、一方的な遺産の奪い合いになるようなことにはならないで、円満に解決することが出来るメリットが有ります。

 

 

しかし遺産分割協議にはデメリットが多く、遺産相続人全員が協議に参加をしていない場合は、協議が無効になります。だから相続人が一人行方不明の場合は、行方不明になって7年以上経っていれば、失踪宣告を家庭裁判所に受理してもらって、行方不明者抜きで分割協議をして、行方不明になって7年未満なら代理人を立てて、代理人を含めた状態で分割協議をしなければなりません。

 

 

そして分割協議がもつれて、誰かが遺産分割協議の調停を家庭裁判所に申し立てれば、今度は家庭裁判所で分割協議の話し合いをしなければならなくなります。

 

 

このように遺産分割協議はメリットも有るけどデメリットも有り、相続人が多いほどデメリットが多くなっていきます。

コメントは受け付けていません。