遺産分割調停にもメリット・デメリットがある

遺産を分ける方法としては、話し合い=協議、家庭裁判所での遺産分割調停手続、家庭裁判所での審判手続=裁判、という3つの方法があります。

 

通常は、相続人同士の話し合いで決めることが多いですが、相続人同士で冷静に話し合いが出来ない場合には、家庭裁判所での遺産分割調停手続を利用して、家庭裁判所で選任した調停委員を交えて話し合いを進めることが多いです。つまり、家庭裁判所という公的な場所で、第三者である調停委員が相続人それぞれの言い分を聞きながら話し合いをするため、冷静で客観的な話し合いを進めることができることが遺産分割調停手続の大きなメリットです。また、この遺産分割調停で話し合いがまとまり、遺産の分割に関して「調停調書という公的な合意文書」を作成すれば、手続自体は終了となります。

 

そして、この「調停調書という公的な合意文書」は、原則として、裁判所の判決と同等の効力を有することになるので、このことは遺産分割調停の最大のメリットと言えます。但し、このことは、調停調書が裁判所の判決と同等の効力を有することになった後で、相続人の一人が「あの時はそう思ったけど、今は考えが変わった!」と主張することが出来ないことを意味するため、デメリットでもあります。

コメントは受け付けていません。