限定承認について

相続財産には、正の財産と負の財産があります。

 

正の財産とは、土地や預貯金など、相続人にとってプラスとなる財産のことです。これに対して、負の財産とは、負債など、相続人にとってマイナスとなる財産を指します。負債であっても相続財産となるため、相続人がそのまま相続財産を相続してしまうと、経済的に苦しい立場に置かれてしまうことになりかねません。そのような場合に、限定承認という方法があります。

 

限定承認は、相続財産から負債の支払いを行い、余りが出た場合に、その余りの部分を相続するという方法です。相続財産の限度で負債が引き継がれることになるため、相続人自身の財産には影響が出ないことになります。限定承認が利用されるケースとしては、被相続人の負債がどれほどあるのかわからない場合に、負債が正の財産を上回った場合に備えて利用する場合があります。

 

限定承認をするには、相続の開始時に、相続人全員が共同して、家庭裁判所においてその旨の申述する必要があります。この申述は相続の開始があったことを知ったときから3ヶ月以内に行わなければならないという期間制限があるため、注意が必要となります。行わない場合は負の財産も含めて相続することを承認したことになります。

コメントは受け付けていません。